こんにちは113.png

ロンドン留学センターの桑原です●~*

先週、YMS・学生交流会をしました169.png177.png

トークテーマは、

171.png住んでいる所(エリア、家賃、清潔感など)

171.png渡英前に不安に思っていたこと

171.png渡英前にやっておいた方がいいこと

171.pngなぜイギリスに来たのか

171.pngイギリス以外の留学先は

171.pngイギリスに来て驚いたこと

171.png今、恋しい日本の〇〇

171.png私だけが知っているイギリスのレア情報

171.pngロンドンからいけるお勧めの旅行先

171.pngイギリスの学校について(授業、先生、生徒など)

171.png帰国後のプラン


これらの質問が書かれている紙をくじ引きで引き、お菓子を食べながら答えていくという流れで交流会をしました177.png

a0194964_00415453.jpg

会話の中で、「渡英前に英語の勉強をもっとやっていれば良かった!」という意見が多数出ました!!


日本の学校での英語の授業では主に、文法や単語、受験対策をメインにしており、ディスカッションやリスニング、発音を学ぶ機会が少なく実際英語圏に来てまったく英語が話せないという方が多いと思います。

イギリスの語学学校に通うと、他のヨーロッパの学生や他国の学生は文法は正確じゃなくても自分の意見をしっかり言える方が多いです。

しかし、日本人は文法・単語は分かっているのに話すことが苦手な人が多いです。

同じ授業を受けているのに、自分の意見を言うのが少ないのは本当に勿体ないですよね!

また、留学初めは友達もいなく寂しくなるかもしれません134.png

少しでも早く友達を作るにはある程度の英語での意思疎通が必要になると思います。


ロンドン留学センターの日本オフィス(東京・大阪・名古屋)では、お申込みをされた方は出発前まで何回でも(最大週2レッスン)ネイティブスピーカーの先生との英会話レッスンを無料で受講出来ます。

留学期間を無駄にしないためにも留学生活開始前から英語力をアップして語学勉強だけじゃない充実した海外生活を送りましょう♪172.png166.png


詳しくはこちら

https://www.london-ryugaku.com/lesson/



173.png次回のYMS・学生交流会は来年(2018年)の2月頃開催予定です。



[PR]
こんにちは114.png177.png

ロンドン留学センターの桑原です。

今回は、オシャレカフェでは無くロンドン郊外のあまり知られていない観光名所のご案内169.png

ロンドンから車で約2時間、電車だとキングス・クロス・セント・パンクラス駅から英国唯一の『ハイ・スピード・トレイン』で約1時間30分、列車だと約2時間、東に向ったケント州にあるマーゲートという港町。

風景画家 J・M・W・ターナーからも愛されていたと言われています。
物価の高いロンドンを嫌う若者やアーティストたちの一部がこの街に移り住み始めたことから近年、第二の『ショーディッチ』あるいは『ダルストン』候補などとも呼ばれているそうです。
マーゲートの旧市街には、アンティークショップやビンテージショップが数多くあります。
ロンドンでは手に入らない物も探し出せると思います162.png

サマーシーズンには地元の人が、海水浴に来るビーチもあります。
干潮時には沖まで歩くこともできます。

そんな魅力溢れるマーゲートには、貝殻で作られた洞窟があります129.png129.png

洞窟だし、海辺に面している場所にあるのだろうと思ったら.............
なんと街のど真ん中にありました!笑
a0194964_22391991.jpg
まずエントランスで入場料(大人4ポンド)を支払い、階段を下りていくと洞窟の中に入れます。

a0194964_22382706.jpg
壁一面に貝殻がモザイクのように張りめぐらされた謎の洞窟。
どうしてこの洞窟が作られたのかは未だ誰も知らないらしいです。
1835年、当時の住人が庭に池を作ろうとして穴を掘っているときに発見したそうです。
a0194964_22391106.jpg

どこをみても貝!貝!!貝!!!SHELL!!!!

幻想的で神秘的な場所です173.png

a0194964_22384843.jpg

謎解き、探検が好きな方は是非一度足を運んでみて下さい166.png157.png

a0194964_22390040.jpg

雨の日でも楽しめるロンドン郊外の観光スポット情報でした162.png162.png





[PR]
皆さん、こんにちは!!
ロンドン留学センターの吉沢です。112.png

朝晩と寒い日が続いていますが、皆さまはいかがお過ごしですか??154.png
私は、こんな寒い中、オシャレ(勝手に自分で思っているだけです)の為に「足首出して」生活し続けています(笑)103.png
ロンドン市内で足首出している日本人(20代前半男性)がいたら95%私です(笑)109.png、可哀そうと思わず声かけてください(笑)

さて、本日はそんな寒いロンドンでも快適に楽しむことのできるアクティビティ、そうミュージカル鑑賞についてご紹介いたします。

a0194964_23344278.jpg

ロンドンの街中を歩いていると、あらゆる場所に劇場がありますよね。大きな劇場を様々なミュージカルで分けて使うのではなく、専用のステージをそれぞれのミュージカルが持っていて、ほぼ毎日公演しています。私は日本でミュージカルを鑑賞した事がなかったのですが、友人のススメで実際に見に行ってきました!!114.png

私が鑑賞したのは「アラジン」と「キンキブーツ」です。どちらも元のストーリーを知っていたので、内容を理解するのに苦しんだりする事なく楽しめました112.png。原作をただ忠実に再現するだけではなく、セリフや役者の動きをコミカルにする事で、原作のアニメや映画とは異なる面白さがあります。また、ミュージカルはライブということもあり、一つの失敗も許されない緊張感が伝わってくるとともに、ピタリと息の合ったスムーズな演技に心を奪われます。劇場の1階部分にはオーケストラのスペースがあり、公演中の音楽はこのオーケストラが奏でます。オーケストラの音楽、役者の歌とダンス、コミカルな動きやセリフ、照明の全てが合わさった時の劇場内の盛り上がりは最高です!!113.png
芸術に疎い私でさえ、もう一度行きたいなと思わせるほどでした!!

a0194964_23321069.jpg

実際、鑑賞してみた私もそうだったのですが、初めてミュージカルを見る方は、予めストーリーを知っている演目を観る事をおススメします!!
ストーリーを理解していると、その分気持ちにも余裕があるのでそれ以外の役者の歌、ダンス、セリフなどに注目する事ができ、ミュージカルの細かい部分まで楽しむことができます。102.png(ミュージカル2回しか行っていないのに偉そうにすみません103.png

ロンドンのミュージカルは、世界的にも有名な演目しか上演していないので、ミュージカル初心者でも十分楽しむ事ができます。せっかくロンドンに来ている方は、ミュージカル鑑賞から近くのパブで一杯(たまらんですな~113.png )なんていうロンドナーライフを過ごしてみてはいかがでしょうか!!

以下はロンドンで上演しているミュージカルです。
  • 「レ・ミゼラブル」
    映画も大ヒットした驚異のロングランを誇るロンドンの定番ミュージカルです。1本のパンを盗んで投獄された主人公の波乱の人生を描いています。
  • 「オペラ座の怪人」
    パリ・オペラ座の怪人と歌手クリスティーヌとの美しく切ないストーリーです。こちらも25年続く超ロングランミュージカルです。
  • 「ライオンキング」
    長年愛されるディズニー名作ミュージカルです。故郷を追われたシンバが仲間と共に成長していくストーリーです。
  • 「マンマ・ミーア」
    結婚式を控えた花嫁ソフィーの周辺に起こるドタバタ劇です。ABBAのヒット曲を楽しむこともできます。
  • 「アラジン」
    こちらもディズニーの名作です。青年アラジンと王女ジャスミンとのラブストーリーです。
  • 「ウィキッド」
    オズの魔法使い二人の出会いを描いています。ドラマチックな感動作です。
  • 「マチルダ」
    大人社会に一石を投じる子供たちのハツラツとした演技に注目です。
  • 「スリラー・ライブ」
    マイケル・ジャクソンとジャクソン5のヒット曲を圧巻のパフォーマンスでお届けしています。
  • 「ドリームガールズ」
    華やかな表舞台の裏にある栄光と挫折を描いています。人気テレビシリーズ「glee」のアンバー・ライリーが主演を務めています。
  • 「キンキブーツ」
    靴工場の経営者とドラッグクイーンの友情を描いた作品です。2013年のトニー賞6冠に輝いています。
  • 「巴里のアメリカ人」(2018年1月6日終了)
    画家を目指すアメリカ人とフランス人女性の恋を描いた作品です。1951年にアカデミー賞を総なめにした有名作品です。
  • 「アニー」
    Tomorrowなどの名曲と少女アニーの感動的なお話を楽しむことができます。
  • 「スクール・オブ・ロック」
    臨時教師の売れないロックンローラーと生徒たちとの日常を描いています。
  • 「四十二番街」
    ブロードウェイに憧れる主人公の成長と音楽タップダンスなどのパフォーマンスを楽しむことができます。
  • 「ブック・オブ・モルモン」
    若い宣教師がモルモン教布教に奮闘するユーモアあふれるストーリーです。
  • 「モータウン:ザ・ミュージカル」
    往年のブラックミュージックが満載で、数多くのアーティストを生み出したモータウンレコードのサクセスストーリーです。
  • 「ストンプ」(2018年1月8日終了)
    楽器以外で音を作る、会場が一体となるエンターテイメントです。
+++++++++++++
イギリス留学・ワーキングホリデー・現地学校情報なら
>>ロンドン留学センターホームページ

Facebookもぜひご覧ください☆
>>ロンドン留学センターFacebook
+++++++++++++

[PR]

こんにちは!ロンドン留学センターの原です102.png

2017年も残すところあと約1ヶ月となりました。
やり残したことをやったり2018年に向けて準備をしたり
本場のクリスマスを満喫したり…忙しい年末になりそうです166.png

最近全くロンドンを満喫できていないのですが先日待ち合わせの為に久しぶりにOxford Circusに行ったら
ちょうどクリスマスイルミネーションの点灯イベントをしていました177.png
a0194964_22360089.jpeg
クリスマスキャロルを歌っているグループがいたり
花火が上がっていたり、私も一気にクリスマス気分が高まりました!
せっかくロンドンにいるので、もっとクリスマスをもっと楽しまないとなぁ…と思い
現在、クリスマスマーケットに片っ端から行ってみようと計画中です。
a0194964_22363063.jpeg



また、Covent Gardenでもクリスマスのデコレーションが至るところにされていました!
a0194964_22365766.jpeg
a0194964_22364162.jpeg

そしてこのツリー、右下の人と比べると分かると思うのですが非常に大きいです178.png
a0194964_22370848.jpeg
イルミネーションだけでなく昼間も、そしてただカフェに行ったり買い物をしているだけでも
様々な部分からクリスマスを満喫できるのはさすがヨーロッパですね。
そういえば、通っていた語学学校の先生も8月25日に「クリスマスまであと4ヶ月だ!」と盛り上がっていました。
ゴールデンウィークやお盆のような連休、祝日がないイギリスでは
クリスマスとイースターの休暇が宗教的な理由以外にも非常に重要みたいです110.png

ロンドンの中心地だけでなく家の最寄駅周辺でもイルミネーションが日に日に増えてきました。
これからクリスマスに向けてさらに派手に、にぎやかになりそうなので
またクリスマス情報更新したいと思います113.png



[PR]
# by london-ryugaku | 2017-11-28 22:55 | + 観光 | Comments(0)
ロンドン留学センターの桑原です162.png

今年の秋よりYMSビザで渡英された方にオススメのイベント開催のお知らせです。
12月7日(木)16時~17時に、ロンドンオフィスにて「YMS・学生交流会」を開催いたします!

学校生活やイギリスでのお仕事についてなど様々な話題の情報交換をしたり、同じ留学生同士でのお友達作りにも最適な楽しい交流会です113.png172.png
YMSビザで現在イギリスにご滞在中の方に限らず、学生ビザで渡英された方も大歓迎ですので、皆様ぜひご参加ください。

参加をご希望の方は、ロンドンオフィスまでご連絡ください。
連絡先:info@london-ryugaku.com
    +44(0)20-7387-4685
※お申込みの際には、フルネームでお名前をお知らせください。

日時:2017年12月7日(木)、16:00~17:00

場所:ロンドン留学センターオフィス
   23D Tavistock Place London
   WC1H 9SE

参加費:お一人様:£5 (お菓子、ドリンク含む)


皆様からのご連絡を心よりお待ちしております。
a0194964_00440492.jpeg



[PR]