カテゴリ:+ 観光( 18 )


こんにちは016.gifロンドン留学センターです。

今回はロンドンから少し足を伸ばして、「オックスフォード」についての記事です072.gif

ロンドンからオックスフォードへはバスで2時間弱ほど。
今回は「Oxford tube」を利用して行ってきました。
往復£18と、思っていたよりもお手軽!乗車券はオンラインのほか、乗車時に運転手から購入も可能です。
Victoria駅やMarble Arch駅近くから乗車でき、車内ではWi-Fiも使用可能なので快適!

放牧された羊たちを眺めながら、のんびりオックスフォードへ到着。


この日はGolders green駅近くなどでマーケットが行われており、沢山のお店が出ていました012.gif

a0194964_01004373.jpg
今回の目的はズバリ!「ハリーポッターロケ地めぐり」!!!!!
オックスフォードには多数のロケ地が存在しており、ファンにはたまらない場所がたくさん...

有名どころをご紹介していきますね056.gif

a0194964_00484279.jpg
まずはこちら、ボドリアン図書館
ホグワーツの図書室・医務室はこちらで撮影されたようですよ。

医務室として使われたDivinity Schoolがこちら。

a0194964_00484851.jpg
ボドリアン図書館のツアーはここから出発!
図書館ではスタンダードツアー、ミニツアーなどが£6~用意されていて、ガイドさんが館内を案内してくれます。

図書室のシーンで使われた Duke Humfrey's medieval libraryは、ツアーに参加しないと見学が出来ません。
写真は残念ながらNG007.gif映画そのままの歴史ある図書室が見学できます。

こちらはRadcliffe Camera。図書館からは地下でつながっているようです。

a0194964_01250617.jpg
各ツアーは定員になりしだい終了なので、ブースで早めの予約をオススメします013.gif

ラドクリフカメラの向かいには「University Church of St Mary the Virgin」が。
a0194964_00484486.jpg
展望台に登るとオックスフォードを一望できるスポットなので、
時間に余裕があれば登ってみるのも良いのではないでしょうか?011.gif


続いてはかの有名な「Christ Church」へ!!

a0194964_00484525.jpg

オックスフォード最大のカレッジで、13人もの歴代首相をはじめ、著名人を多数輩出する名門校023.gifです。

こちらで観光客の目玉となっているのはやはりこちら!!!!

a0194964_00484892.jpg
a0194964_00484607.jpg
ホグワーツ魔法魔術学校の大広間として、このホールが使われています。

ドアから中に入った瞬間からもう感激!!まるで別世界にいるような気持ちになりますよ016.gif

最終入場の時間、ホールの開放時間などはチェックしてから行くのがオススメです。



学生が利用する時間帯は見学が不可になるなど、大学らしい決まりもあります。

有名な観光地としての面と、今なお現役の大学として生徒たちの学び舎となっている面、
どちらも同時に感じることができるのがオックスフォードらしく素敵です072.gif

a0194964_00484938.jpg


オックスフォードには多数の大学やショップの他に、博物館なども充実しています。
a0194964_00485181.jpg
a0194964_00485046.jpg

中でも自然史博物館は、眺めているだけでも楽しくオススメです011.gif


見どころたくさん街中ホグワーツのような雰囲気のオックスフォード、
おやすみの日に、気軽にふらっと訪れてみてはいかがですか?053.gif



+++++++++++++イギリス留学・ワーキングホリデー・現地学校情報なら>>ロンドン留学センターホームページ+++++++++++++
[PR]
by london-ryugaku | 2016-12-16 01:56 | + 観光 | Comments(0)
こんにちは。 ロンドン留学センターです012.gif

本日はラムズゲートという、ドーバー海峡近くの港町についてご紹介したいと思います018.gif

この街は何といっても海が近く空気が澄んでいて、またスーパーやcafe, barなど徒歩圏内で全てにアクセスでき、小さい街ながらも 便利な街です。

人々も大変フレンドリーで治安が良く、夜も比較的安心して出歩けます058.gif 夏は海で遊ぶ人達でにぎわいます♬

a0194964_22471778.jpg
またこの街には、Churchil House Shool of Englishというこの街唯一の語学学校があり、

この学校は質の高い英語指導やカリキュラムを提供する学校だけに与えられるQuality English認定校でもあります012.gif

私も1か月間こちらの学校に通いましたが、ベテラン教師が多く、質問にも的確に答えてくれ、教師陣の指導力の高さを感じました。

生徒数は一クラス8名程度で、ヨーロッパ系、サウジアラビア系、アジア系など多国籍で、日本人は私の他に1人だけでした。

日本人が出来るだけ少なく、アットホームな環境で英語を学びたいという方にはおススメの学校です!

有名な観光地カンタベリーへも電車で10分、ロンドンへも電車で1時間半~2時間程度(3人以上のグループ割で£14くらい)でアクセスできます♬

ロンドンとはまた違った所に行ってみたい、海辺の町でローカルの人のようにのんびりと過ごしてみたいという方は、

是非ラムズゲートへ足を延ばしてみてはいかがでしょうか012.gif012.gif
a0194964_22462103.jpg




+++++++++++++イギリス留学・ワーキングホリデー・現地学校情報なら>>ロンドン留学センターホームページ+++++++++++++
[PR]
by london-ryugaku | 2016-11-28 23:18 | + 観光 | Comments(0)


英国の自然保護区056.gif


こんにちは。

ロンドン留学センターです018.gif



少し前ですが、ロンドンから北西へ車で約二時間ほどのイギリス中部にある、National Trust の一つ
「Upton House and Gardens」へ行って参りました!
a0194964_00025707.jpg
運良く晴れていて芝生で寝転びました058.gif
a0194964_00094585.jpg
ガーデンはスロープになっていて一番下から咲いている花たちを見るのはとても綺麗でした056.gif056.gif
スロープの反対側では羊たちがのんびり過ごしているの様子がうかがえました023.gif


「Upton House and Gardens」自体はそれほど大きくないので1時間ほどあれば十分に楽しめると思います!


National Trust を楽しんだ後は、職員の人に聞いたとても雰囲気のいい、レストランへ行きました059.gif


a0194964_00184235.jpg
古い塔の外観をそのままに中を改装しているイギリスらしい建物でした。
a0194964_00241244.jpg
a0194964_00220124.jpg
窓側の席からはEdgehillの戦いの戦場を一望できます。


季節や時間によっては沈んでゆく夕日を見ながら食事が出来るとてもロマンチックな場所です012.gif012.gif


ここはレストランだけでなく、宿としても可能です!


コッツウォルズヘも近い場所にあるので、その地域へ行かれる方はぜひ寄ってみてはいかがでしょうか?049.gif049.gif

+++++++++++++
イギリス留学・ワーキングホリデー・現地学校情報なら
>>ロンドン留学センターホームページ
+++++++++++++

[PR]
by london-ryugaku | 2016-10-28 00:38 | + 観光 | Comments(0)

ダブリンに行ってきました!


こんにちは。


ロンドン留学センターです018.gif


先日、イギリスのお隣の島国アイルランド・ダブリンに行ってきました!


全く調べずに行ったのですが、素晴らしい場所でした049.gif049.gif
a0194964_22425663.jpg
ダブリン中心部から自転車を借りて西へ走ることたったの5分で周囲11キロにも及ぶ巨大なフェニックスパークがあります056.gif

a0194964_22423131.jpg
反対に東へ走ること約20~30分行くと、きれいな海岸線がありました004.gif

a0194964_23022238.jpg
アイルランドといえば、ギネスビールですね!068.gif

ダブリンのギネス・ストアハウスでは、ギネスビールが出来上がるまでの工程を見学でき、
ギネスビールの注ぎ方のレクチャーを受け、展望室になっている工場の最上階でダブリンの街を一望しながら自分で注いだギネスビールを飲むことが出来ます012.gif


運が良ければ、タップダンスも見れますよ037.gif


a0194964_22415717.jpg

夜はアイリッシュパブで、地元の音楽を楽みながらギネスを頂きました068.gif068.gif



皆さんも是非、都会でもあり自然にも囲まれたダブリン訪れてみて下さい。


+++++++++++++
イギリス留学・ワーキングホリデー・現地学校情報なら
>>ロンドン留学センターホームページ
+++++++++++++

[PR]
by london-ryugaku | 2016-09-22 23:29 | + 観光 | Comments(0)

こんにちわ!
ロンドン留学センターです003.gif


先日、スペインのカナリア諸島の一つランサローテ島に行ってきました058.gif058.gif

カナリア諸島は、アフリカ大陸北西部に位置するモロッコから沖に100kmほどの位置にある年間約1000万人の観光客が訪れる有名観光地です004.gif
その一つであるランサローテ島に行ってきました056.gif

a0194964_22495537.jpg

この火山島は年間降水量が年間200mlと少なく、滞在した全日程で快晴でした058.gif
a0194964_23455348.jpg
晴天の中で延々と続く海岸線のサイクリングは最高でした004.gif


a0194964_23070332.jpg


火山島なので、その影響で出来た山々や洞窟は本当に素晴らしかったです005.gif

この島は、ツアーで回るのも良いですが、レンタカーを借りるのがお薦めです!!
それほど大きな島では無いのでバスの本数が少なく、また山が多いので車が必須でした!


ゆっくり自然の中で時間を過ごしたい方やホリデーどこに行こうか考えている方は是非、カナリア諸島訪れてみてはいかがでしょうか056.gif049.gif


[PR]
by london-ryugaku | 2016-09-02 00:06 | + 観光 | Comments(0)

ロンドンの次に観光客の多い都市、バース016.gif

こんにちは、ロンドン留学センターです056.gif

本日は、ロンドンから電車で約1時間半の世界遺産の街、バースについてのご紹介です。

お風呂という意味のBath、その起源となった街バース。

小さな街ですが、とても美しい街並みで多くの人が世界中から足を運んでいます。

a0194964_2117625.jpg


可愛らしい傘の通りもありました053.gif

a0194964_21215057.jpg


バースの中心地にそびえ立つバース寺院
a0194964_21205943.jpg


バースで一番の見どころ、ローマン・バスでは、映画「テルマエ・ロマエ」の雰囲気が味わえます058.gif

a0194964_21233834.jpg


他にも、バース全体を見渡せる屋上のスパが魅力的なサーメ・バース・スパ。

こちらは中からの写真は取れなかったのですが、中にはサウナや室内プールもあります。

景色も良く十分にリラックスできる空間でお勧めです037.gif

ロンドンからも気軽に行ける世界遺産の街、是非お出かけしてみてください060.gif

+++++++++++++
イギリス留学・ワーキングホリデー・現地学校情報なら
>>ロンドン留学センターホームページ
+++++++++++++
[PR]
by london-ryugaku | 2016-08-02 21:38 | + 観光 | Comments(0)


ロンドン郊外のラベンダー畑056.gif056.gif056.gif

こんにちは016.gif

ロンドン留学センターです035.gif

先日、ロンドン郊外にあるMayfieldのラベンダー畑へ行って参りました。

ロンドン中心地から電車・バスに乗り約1時間半ほどで着きます。

a0194964_22412019.jpg


見渡す限りのラベンダー畑はとても綺麗でした053.gif

a0194964_23124942.jpg


週末ということもあり、たくさんの人が写真を撮っていました。

フォトコンテストがあっていて、優勝者には賞金も貰えるのだとか…

カメラの腕に自信のある方は是非挑戦してみてはいかがでしょうか001.gif

また、ラベンダーソフトクリームを食べられたり、ラベンダーを購入することもできます。

是非行かれてみてください058.gif

ただし、蜜蜂がかなり多いので注意です!笑

+++++++++++++
イギリス留学・ワーキングホリデー・現地学校情報なら
>>ロンドン留学センターホームページ
+++++++++++++
[PR]
by london-ryugaku | 2016-07-29 23:20 | + 観光 | Comments(0)
☆イギリスの南東にあるウェスタブルの牡蠣祭り☆

皆さん、こんにちは016.gif
ロンドン留学センターです!

本日は、先日私が行ってきた
「オイスターフェスティバル IN Whitstable」について
お話したいと思います。

ウェスタブルは、イギリスの南東に位置する
王室御用達の牡蠣産地だそうで、港にはたくさんの
牡蠣の貝殻?のようなものがちらばっていて綺麗でした。

a0194964_2133754.jpg


街並みや雰囲気も凄く落ち着いていてイギリスの雰囲気を
楽しむことが出来ました。
イギリスはここ数日夏日和ということもああり、
海ではたくさんの子供たちが泳いでたり、大人たちは日光浴をしている方がたくさん
いらっしゃいました。

a0194964_21351286.jpg


私は、牡蠣が大好きなので牡蠣目当てで行きましたが、
牡蠣を買うのも一苦労でした。
しかし、並ぶ価値の有るほどミルキーで美味しい牡蠣でした。

a0194964_21355692.jpg


a0194964_21335911.jpg


牡蠣の他にも、様々なシーフードが売られており
日本では見ない、ウェスタブルのご当地グルメ
うなぎのゼリー?状なものが売られていました。
私はうなぎがそもそも苦手なので
残念でしたが、皆さん是非ウェスタブルに行かれる際は、
食べてみてはいかがですか。


+++++++++++++
イギリス留学・ワーキングホリデー・現地学校情報なら
>>ロンドン留学センターホームページ
+++++++++++++
[PR]
by london-ryugaku | 2016-07-26 21:37 | + 観光 | Comments(0)
こんにちは。
ロンドン留学センターです016.gif

皆さまいかがお過ごしでしょうか。
イギリスもついに夏がやってまいりました!!
夏といっても日本と違って湿気や40度近い気温にはなりませんが
半袖を着ていてちょうどいい温度で汗もあまりかかず過ごしやすい夏です。

ただ、バスや地下鉄は基本的にエアコンというものがないので
特に地下鉄に乗る際は地獄のような暑さです064.gif
満員電車に乗る際は貧血などに気をつけてください。
また、家にもエアコン、扇風機というものは一般的に存在しないので
窓を開けるという方法しかありません054.gif007.gif
そう考えると日本は設備が整っていていいですね010.gif

さて、前置きが長くなりましたが、本日は
世界を圧倒させている「Pokémon GO」について
お話ししたいと思います☆彡
イギリスは日本より一足先に配信が開始されており、
私も最近始めました。

a0194964_2218419.png


正直、歩いてポケモンを探すというのは
なかなかタフで一人でやってるのも恥ずかしいです。

そこで、イギリスではバスが一般的に日本と違い身近な交通機関になっています。
私は、毎日バスには乗るのでバスに乗る際は最近では
いつもPokémon GOをしています。
ただ電波の問題でたまにおかしくなったりはするのですが..

a0194964_22184953.png


深夜遅くに友達とPokémon GOをしに出かけてもみましたが、
やはり夜は危ないのでやらないようにしましょう(笑)

日本も今月中にはPokémon GOの配信がスタートされるということですが、
皆さま是非やってみてはいかがでしょうか。


+++++++++++++
イギリス留学・ワーキングホリデー・現地学校情報なら
>>ロンドン留学センターホームページ
+++++++++++++056.gif
[PR]
by london-ryugaku | 2016-07-19 22:33 | + 観光 | Comments(0)
こんにちは029.gif
ロンドン留学センターです056.gif

先日、スペインのバルセロナへ行ってまいりました。

スペインと言えば、サグラダ・ファミリアをはじめとする建築家アントニ・ガウディの建築物が有名です。

グエル公園

a0194964_0391494.jpg


カサ・ミラ

a0194964_0394336.jpg


カサ・バトリョ

a0194964_040286.jpg


街の至る所にガウディの美しい建築物があり、とても興味深いです。

そして、バルセロナに来たなら絶対に外せない、サグラダ・ファミリア070.gif

a0194964_0402875.jpg


夜のサグラダ・ファミリアも、ライトアップされていて、とても綺麗でした016.gif

1882年に建設が開始され、完成まで300年と見込まれていたサグラダ・ファミリアは、先日2026年の完成が発表されました。

完成が楽しみですね060.gif

皆様も是非、バルセロナへ足を運んでみてはいかがでしょうか043.gif



+++++++++++++
イギリス留学・ワーキングホリデー・現地学校情報なら
>>ロンドン留学センターホームページ
+++++++++++++058.gif
[PR]
by london-ryugaku | 2016-07-06 00:49 | + 観光 | Comments(0)