カテゴリ:+Mayfair School( 1 )

トッテナムコートロード駅近、ロンドン随一のショッピング街オックスフォード・ストリート上。
そんなアミューズメントでいっぱいの場所に
Mayfair School of Englishはあります。
a0194964_23441844.jpg

この学校は日本でも知られる格安校です。
例えば一般英語15時間のコースを12週間で£1200。リーズナブルですね。

学校自体はとてもこじんまりとしています。
a0194964_23494493.jpga0194964_23501331.jpga0194964_23494336.jpg
a0194964_2350586.jpg
















しかし周りにはスターバックスやらなにやらなんでも揃ってしまうので、
確かに外に出かけてしまいますね。


訪問してみて最初に驚いたことは、教師たちの継続勤務年数が長いことです。
教師がすぐ入れ替わったり、校長先生まで変わるなんていう学校もありますが、
この学校では10年勤務はざらだよ034.gif、と受付のお兄さんが教えてくれました。
もちろん一概には言えませんが、なんだか安心感が漂ってきますね。

さらにブリティッシュ・カウンシルなどのさまざまな外部機関からの認定も得ていますので、
優良校と言えます。



ここで人気のコースを2つご紹介。

1、アカデミックイヤー
このコースは36週間の授業に16週間のホリデーがつくという、長期滞在学生のためのコースです。
週15時間か週21時間から選びます。
※朝の時間帯の料金を払うと、どの時間帯でも、また試験対策コースやビジネス英語コースに変えることも可能になるというオプション付きです。

2,IELTS準備コース
IELTS準備コースはどの学校にもありますが、この学校では
●IELTS FOR LIFE
●IELTS FOR STUDY
と2つにわかれています。
これはなんの違いかといいますと、そもそもIELTS試験自体に2つの種類があるのです。
IELTS General Training Exam
IELTS Academic Exam(大学に申し込むにはこちら)
ですから、それぞれの目的にあった形で学習することができるように、
IELTSも2つのコースにわかれているのです。



そして、特筆すべきもう一つのプログラム。それは...
University and Career Pathway
簡単に説明すると、この学校の中にビジネスの大学が存在するようなものです。
(メイフェアースクールオブイングリッシュはABEという団体と提携しています。)
ビジネスマネージメントとトラベル、トゥーリズム、ホスピタリティマネージメントが学べます。
もちろん、ABEが提示する試験をクリアしなければなりませんが、
ディプロマ4~6まで取得することが可能です。
ディプロマ6の過程が終われば、ABEが提示しているイギリス内に17校ある大学のうちから選び、
最終学年をそこで過ごし卒業まですることも可能です。
※このプログラムを受講するには、IELTS4.0が必要です。

これはなかなか語学学校には見られないものです。
大学に興味があれば、こちらからの道を検討してみるのもよいでしょう。



では、最後に案内してくれた気さくな受付のお兄さんをパチリ。
a0194964_2353261.jpg

小さいながらフレンドリーな学校でした。


メイフェアースクールオブイングリッシュについてのもっと詳しい情報はこちら。
>>メイフェアースクールオブイングリッシュの料金一覧
または
イギリス留学サポートセンターにお気軽にお問い合わせください。






人気ブログランキングへにほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ

+++++++++++++
イギリスの留学・ワーキングホリデー・学校情報なら
DEOWイギリス留学センター
http://www.uk-ryugaku.com/
+++++++++++++
[PR]