Embassy FAMトリップ ④ オックスフォード編

EmbassyのFAMも後半に突入!042.gif

おとといのケンブリッジに次いで、昨日はケンブリッジと並ぶ名門大学の学生都市、オックスフォードでした!

こちらも語学留学先としては結構日本人によく知られている街ではないでしょうか?045.gif

ケンブリッジ同様に、街のいたるところに大学のカレッジが建ち、小道に入ると隠れ家のような本屋さん、可愛いカフェなどわくわくする出会いがたくさんの街056.gif

文学好きの方は「不思議の国のアリス」の著者ルイス・キャロルや「指輪物語」「ホビット」のJ.R.R.トールキン(もっと近代になりますと「ライラの冒険」原題:His Dark Materials シリーズのフィリップ・プルマンもいらっしゃいます)など色んな作家の縁の街として聞いたこともあるのではないでしょうか?

そういう美術・文学の色が濃い街のEmbassyはどのような感じでしょうか?
a0194964_15482919.jpg
入口がこちら。街の大通りに位置していて、気を抜いていると通り過ぎてしまいそうなので注意!
ドアを開けて、上にあがるとこのようにレセプション付近の廊下が伸びます。
a0194964_15483835.jpg
大きな街の中心部にある語学学校によくある設計ですね。

こちらは資料室。
a0194964_15484664.jpg
そして、教室兼パソコンルーム
a0194964_15485267.jpg
普段コンピューターは机の中にしまわれていて、必要な時に出すようです。

続いて、の様子も少しお見せします058.gif
a0194964_15490105.jpg
a0194964_15491029.jpg
こちらは博物館なのですが、外に飾ってある胸像は一体?
オックスフォードという街の背景を考えると、医者や哲学者なのでは?と思う方は多いとガイドさんはおっしゃってましたが、実はこれらは特定の人物を模した胸像とかではなく、「髪型」ならぬ「髭型」を色々紹介しているだけなのだとか。
少しがっかり?驚きです!

こちらは大学の卒業式が行われるシアターや
a0194964_15492053.jpg
有名なラドクリフ・カメラ。図書館の一部です。
a0194964_15492749.jpg
そして、おまけに
a0194964_15493545.jpg
とっても可愛いクリスマスケーキ!053.gif街の中心部にあるマーケット(と言っても、屋台ではなく固定の店がたくさん並ぶ伝統ある「covered market」です)のお店のウィンドウで撮りました。街中にもツリーが飾ってあり、イギリスもすっかりクリスマス気分です072.gif

こちらも素敵な街です。
観光と「遊び」いっぱいのロンドンまでも電車ですぐ!落ち着いた環境と刺激いっぱいの賑やかさ両方を手軽に味わえるお勧めの留学先です。ぜひご検討ください!

さあ、そして!
FAMの5日目にして最終日。行き先はやっぱり安定した人気の留学先ロンドンです!

[PR]