クリスマス休暇旅行 モロッコ

新年明けましておめでとうございます101.png
ロンドン留学センターの松村です。
クリスマス、ニューイヤーのイベントが終わり、ロンドンの街は落ち着きを取り戻しています。

さて、本日は私がクリスマス休暇を利用して行ってきたモロッコ旅行についてご紹介します!
モロッコってどこ??そう思われた方に簡単にご説明。
アフリカ大陸の北西に位置し、大西洋、地中海に面しているためヨーロッパ、アフリカ、中東の文化が融合した国。タジン鍋や、アルガンオイルの産地として日本でも有名ですよね。
日本から行こうとすると、直行便はないので乗り継ぎ含めて約20時間…
しかし!!ロンドンからは直行便で4時間ほど113.png
これは行くっきゃない!ということで、冬のロンドンを飛び出して行ってきましたアフリカ大陸。

マラケシュ空港到着後は、事前に予約していたドライバーさんと共に2泊3日のサハラ砂漠ツアーへ出発!
マラケシュからサハラ砂漠のあるメルズーガという街までは約600㎞。
しかもアトラス山脈を越えなければならないので、山越えを含めたロングドライブです。
世界遺産であるアイトベンハドゥ周辺で一泊し、2日目の夕方に砂漠へ到着。
ラクダに乗ってサンセットを眺めます。ラクダの乗り心地の感想は人それぞれみたいですが、私は心地よく感じました110.png
a0194964_01253165.jpeg
夜は満点の星空のもとで、タジン鍋をいただき、ベルベル人と一緒にキャンプファイヤー。ちなみに夜の砂漠は極寒です。人生のなかで一番きれいな星空、太陽や火の暖かさ、水の大切さ、何もない砂漠で、何もない贅沢をふんだんに味わいました。

a0194964_01250154.jpeg
翌日はもう一度ラクダに乗って、サンライズを眺め、砂漠をあとにしてフェズへ向かいました。
メルズーガからフェズへは約500㎞。またもやロングドライブですが、モロッコの景色を存分に楽しむことができます。

フェズは1000年以上の歴史を持つ古都で、旧市街は世界遺産に登録されています。
複雑な街並みから「世界一の迷宮都市」とも呼ばれているそうです。

a0194964_01273324.jpeg
地図を持って旧市街を歩いていると、現地の人が勝手に道案内を始めてチップを要求されたという話はよく聞きますが、「道案内いらないよ!」としっかり断れば、しつこくされることはあんまりありません109.png
モロッコには可愛いモロッコ雑貨がたくさん!値札はついていないので、値段交渉次第ではお得に購入できます。
フェズで有名な皮なめし。革製品の製造過程を知ることができます。大変な作業です…

a0194964_01280274.jpeg
フェズのあとは、青い街として近年有名なシャウエンという街へ。
街全体が青い理由は諸説あるそうですが、壁から扉から鉢植えまで青!青!青!
しかも住民の方が自分たちで塗っているのか、深い青から薄い水色まで、いろんな青色で塗ってあります。
そのバラバラな感じもなんだか、可愛らしくて私は気に入りました110.png

a0194964_01323356.jpeg

魅惑の街、モロッコ。ヨーロッパとは一味違う文化を感じることができます。
ロンドンからヨーロッパ各国へ旅行もいいですが、
少し気分を変えてアフリカ大陸へ旅行へ行ってみてはいかがでしょうか?110.png


+++++++++++++
イギリス留学・ワーキングホリデー・現地学校情報なら
>>ロンドン留学センターホームページ

Facebookもぜひご覧ください☆
>>ロンドン留学センターFacebook
+++++++++++++

[PR]
by london-ryugaku | 2018-01-09 01:46 | + 観光 | Comments(0)